ARTICLE

家づくりの教科書

新着記事

【フラット35】4月★金利は大幅引き下げ★省エネ基準が要件化

注文住宅の予算と費用

【フラット35】4月★金利は大幅引き下げ★省エネ基準が要件化

住宅金融支援機構の【フラット35】4月の最頻金利は、1.76%(借入期間21年以上35年以下、融資率9割以下、新機構団信付)と前月(3月)1.96%から、なんと0.2%引き下げになりました。これ以上、上がらないでほしいものです。また、政府が3月31日に公表した「異次元の少子化対策」のたたき台の中に、2024年度からの3年間で集中的に取り組む施策として「子育て世帯の住宅ローン金利引き下げ」が盛り込まれています。詳細はまだ不明ですが、【フラット35】の金利を引き下げる優遇を設置する方向で調整に入ったとのことです。優遇は18歳未満の子どもがいる家庭のほか、子どもがいなくても夫婦いずれかが39歳以下の

今井 園美 今井 園美

2023.04.02

住宅ローンを利用して「中古住宅を購入」 ここに注意!!

注文住宅の予算と費用

住宅ローンを利用して「中古住宅を購入」 ここに注意!!

今、マイホームの検討している方の中で、中古住宅を購入してリフォームを行うか、新築を購入するかで悩んでいる方は多いのではないかと思います。ウッドショック以降、新築戸建て住宅の価格が上昇してきました。中古住宅購入は新築住宅購入と比べて費用を安く抑えることができますからね。国土交通省の令和3年度「住宅市場動向調査」によると「住宅の購入資金」は?土地を購入した注文住宅新築世帯で、平均 5,112 万円中古戸建住宅取得世帯で、平均2,959万円2,000万円以上の差は大きいですよね?実際に「中古住宅にした理由」では、63.4%の方が「予算的にみて中古住宅が手頃だったから」と答えています。 中古

今井 園美 今井 園美

2023.03.22

土地探しを成功させるには「2つの判断基準を作りましょう!」

注文住宅の予算と費用

土地探しを成功させるには「2つの判断基準を作りましょう!」

ずっと土地探しに苦労してきたA様から「ついに希望エリアで土地が見つかりました!色々とよいタイミングがいくつも重なり、ご縁に巡り合えたと思っております。これから家づくりがスタートするのを楽しみにしています」と嬉しいご報告がありました。A様が新築を希望されているエリアは駅近の大人気エリア。すでに住宅がひしめき合って建っているため、良い条件の土地を見つけることはかなり困難と言えるエリアです。しかも、人気があるがゆえに土地の価格も高いのですが、それでもA様は、本当に素晴らしいご縁(土地)に巡り合われたようです。それにはいくつか要因があったのではないかと思っております。土地探しに失敗しないためには「準備

今井 園美 今井 園美

2023.03.12

「室温25度」でも肌寒い…その理由は「温度差」にあり!?

注文住宅の基本知識

「室温25度」でも肌寒い…その理由は「温度差」にあり!?

※2022年4月16日投稿⇒2023年2月25日修正4月中旬になりました。日中は暖かくなってきたこともあって、皆様のご自宅でも「暖房(エアコン)をつける頻度」は、少なくなってきたのではないか?と思います。「家づくり学校」でも、出勤時に「暖房(エアコン)」をつけずとも、「底冷え」を感じないようにはなってきました!!(「底冷えするんかいっ!?」ってツッコミは聞こえない(∩゚д゚)アーアーきこえなーい)…なってきました!!…なってはきたんですが…アドバイザー女性陣から「なんか寒いんで、エアコン(暖房)つけさせてもらいます…((´ω`)) ブルブル…」と言われることもあります…「温度計は25度なの

家づくり学校 家づくり学校

2023.02.25

「固定金利」と「変動金利」金利の違いでどのくらい変わる?

注文住宅の予算と費用

「固定金利」と「変動金利」金利の違いでどのくらい変わる?

2023年10月【フラット35】の新機構団信付(借入期間21年以上35年以下、融資率9割以下)の最頻金利が1.88%と9月の同条件最頻金利1.80%から0.08%上昇しました。2020年で一番高かったのが9月の1.32%2021年で一番高かったのは4月の1.37%2022年で一番高かったのは12月の1.65%2022年で一番低かったのが1月の1.30%2022年は一年間で最大0.35%上昇したことになります。固定金利は、国債市場で取引される長期金利の代表的な指標となっている10年国債の利回りを基準として金利が決定されます。2022年12月に日銀は10年国債金利の上限を0.25%から0.5%に引

今井 園美 今井 園美

2023.02.01

住宅ローン控除の確定申告      2月から!!

注文住宅の予算と費用

住宅ローン控除の確定申告 2月から!!

今年は2月16日~3月15日まで!来月、皆さん何しに税務署に来るのか? と言いますと、ご存知の「確定申告」です。この「確定申告」ですが、前年にふるさと納税をした方、また高額の医療費がかかった方、そして住宅ローンを利用してマイホームを取得された方などが、限られた期間内に税金の還付申告に来るのです。最近はスマホからの申告も増え 以前ほどのクルマの混雑も少なくなりました~マイホームを取得される方の多くが 住宅ローンを利用されています。借入れ残高の0.7%を上限に 向こう13年間に渡り一定額の税金が返ってくる、という制度ですから大きなメリットがあります。ただし最初の一年は最寄の税務署に申告手続きに行く

2023.01.29

家づくり学校
とは?
家づくり学校とは?

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。家づくりの基本的な知識を身につけ、 実際に建物を体感することにより、自分にぴったりの家づくりパートナーを見つけていただくサービスです。

相談の予約をする