ARTICLE

注文住宅の基本知識

最近増えている「軒」のない家ってどうなの?―後悔しないために知っておきたいポイント

2023.12.20

家づくり学校

家づくり学校

最近増えている「軒」のない家ってどうなの?―後悔しないために知っておきたいポイント

近年、軒のない家もしくは軒の出が少ない家が多く見られます。

見た目はすっきりとしてスタリッシュですが、実際はどうなのか気になっている方も多いですよね。

今回は軒のない家のメリット・デメリット、軒のない家に適した外壁材、理想的な軒の長さなどについて解説します。

本記事は、累計23000組以上の家づくりをサポートさせていただいた「家づくり学校」が執筆しています。

家づくり学校とは?詳しくはこちら

 

家づくり学校では、家づくりの基本知識や予算設定のコツ、信頼できる住宅会社・工務店の見極め方などを出版社ならではの公平かつ中立の立場から個別相談やセミナーを通してレクチャーしています。

ご利用はいずれも無料ですので、注文住宅を建てることを検討されている方は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

\あなたにぴったりの住宅会社をご紹介!/


家づくり学校の個別相談はこちら

 

「軒」ってどこの部分?

軒と庇の説明

「軒」とは、上の写真で示してあるような「外壁より外側の屋根部分」のことを指します。窓やバルコニー、玄関上などに付けられる「庇」と混同されることも多いですが、「庇」は開口部を雨や日射しから守るのに対し、「軒」は外壁全体を守る役割があると言えます。

軒のない家に考えられるメリット・デメリット

軒のない家の実例

軒のない家のメリット

外観がスタイリッシュに見える

「軒」なしの家に多いのはキュービックな家。屋根がフラットになっていたり、片流れになっていたりとシンプルでスマートな印象を受けます。

②建築費用のコストダウンができる

「軒」を設けない分、材料費や施工費用などを削減できます。

③居住スペースを広く確保できる

「軒」なしの家は、狭小地を検討されている方に有効的です。軒がない分建築制限いっぱいまで居住スペースを確保できます。

軒のない家のデメリット

①雨による影響

「軒」のない家は雨が直接窓に降り注ぐため、雨音が気になったり、窓を開けっぱなしにしてしまい中まで雨が降りこんでしまっていた…ということも。

②室内に日射しが差し込む

「軒」がないために日射しが室内に入りやすく、夏の温熱環境が悪くなる可能性があります。

③外壁材の経年劣化や汚れ

雨水や風、太陽光などの影響をもろに受けやすいため、外壁の劣化が気になります。サイディングの隙間を埋めているシーリング材が痛み、雨漏りの原因になることも。メンテナンスにかかる費用が「軒」ありの家より高くなるケースもあります。

「軒なし」デメリットの対処法とは?

「軒なし」デメリットの対処法とは?

雨や日射しについては、軒のない家でも「庇」をつけることでデメリット面を多少緩和できます。

ただし、室内を快適な温熱環境にするには、家自体の断熱性や気密性、また家のなかで熱の出入りが一番大きな窓とサッシの性能を考えることも重要です。

また、外壁の劣化や汚れについては防水対策が欠かせません。防水対策には、防水機能のある塗料や撥水性の高い建材を使用したり、防水シートのグレードを高くしたりするのも雨漏り防止に役立ちます。ここからは軒のない家でよく使用される外壁材についてお伝えしていきます。

軒のない家によく使用される外壁材とは?

ガルバリウム鋼板の外壁の家

一般的に外壁メンテナンスを行うタイミングは10年が目安と言われていますが、軒のない家の場合に、その特性を活かしてよく使われる外壁材があります。

①ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は金属鋼板をアルミニウム・亜鉛・シリコンでめっき加工したもので、金属系サイディングでありながらサビにくく耐用年数も長い外壁材です。

ただ、いくらサビにくいといっても粉塵や酸・塩などの汚れによって表面が腐食しサビが発生しやすくなるため、こういった付着物を定期的に洗い流すためにも、雨が当たる軒のない家には適した素材と言えます。

②タイル

タイルは粘土または無機質の原料を成形し高温で焼き固めたもので、耐久性が高く汚れなどに強いことから劣化が起きにくい外壁材です。

強度があるので傷がつきにくく、日射にもさらされても退色しにくいため、長く美しさを保てるのが特徴です。また、耐水性も高いため長雨や豪雨が続いた場合でも水分が浸透することはほとんどないと言われています。

③光触媒サイディング

光触媒は紫外線などの光を当てることで強力な酸化力を生み出し、付着した有害物質などを除去する物質のことを指します。紫外線で分解した汚れは接着性が弱いため、雨が降った際に勝手に流れ落ちてくれる「セルフクリーニング機能」があります。

こちらもガルバリウム同様に、雨が当たる軒のない家には適した素材と言えます。

こまめな外壁メンテナンスをお忘れなく

デメリットにも挙げたように、軒のない家は軒のある家に比べると雨漏りのリスクが高まります。

どんな外壁材を使うのかも重要ですが、いくら耐久性や耐水性が高くても生涯メンテナンスフリーの素材は存在しないため、まずはしっかりと定期的なメンテナンスを行うことが有効であると言えます。

推奨されているメンテナンス周期を守り、状態によって適切なメンテナンスをすることを心がけましょう。

理想的な軒の長さって・・・?

軒のある家の実例

軒のある家を建てる場合、その長さは90cmと言われています。夏至では直射日光が差し込まず、冬至では直射日光が差し込む、雨除けにもちょうど良い長さです。ちなみに、軒が25cm未満になると軒ゼロ住宅になります。

後から後悔しないために

軒がない家を建てる前に、メリット・デメリットのそれぞれをよく検討してみてください。迷われている方は、真夏の暑い時期や雨の日に「軒なし」と「軒あり」の家を体感比べしてみるのもおすすめです。

また、メンテンナンスコストや雨漏りなど不安に感じることは検討中の住宅会社や軒のない家の施工をしている住宅会社に相談されることをおすすめします。後から後悔しないために慎重な選択をしましょう。

家づくりの“キニナル”を解決しよう!

家づくり学校では、軒のある家、ない家の違いやメリット・デメリットを含め、家づくりの基本知識をお伝えするセミナー個別相談会を実施しています。

個別相談はオンラインでもできます!

家づくり学校
とは?
家づくり学校とは?

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。家づくりの基本的な知識を身につけ、 実際に建物を体感することにより、自分にぴったりの家づくりパートナーを見つけていただくサービスです。

この記事を書いた人

「家づくり学校」は埼玉、神奈川、山梨、兵庫、岡山、広島、山口、香川、愛媛県で住宅情報誌を発行する(株)KG情報が運営する、家づくりの無料相談&優良住宅会社提案サービス。個別相談や各種セミナーでの学びと住宅会社への見学訪問を通してあなただけの「家づくりの基準」をつくるお手伝いをさせていただいています。

一緒にこの記事も読まれています

一覧に戻る

自分で住宅会社を選ぶ力が身につく。
だから後悔しない家づくりができる。

家づくり学校はこんな
お悩みを抱える方にオススメ

  • 家づくりを何から始めるべきか
    困っている
  • 自分たちに合う住宅会社がわからない
  • 自分たちの最適な
    住宅購入予算がわからない
  • 色々見過ぎてわからなくなった
blog name blog name

家づくり学校は家づくりに必要な
知識を「学び」
実際の家を「体感」しながら
比較するから
自分にピッタリの住宅会社を
選ぶことができる。
そんな住宅会社紹介サービスです。

learning

学び

各種セミナーと個別相談で
家づくりの気づきと学びを

個別相談各種セミナー

Experience

体感

学んだ後は実際に体感して
住宅会社を比較できます

個別見学体感ツアー

家づくり学校のサービスをご紹介

家づくり学校とは

家づくり学校ができるまでの物語

開校への想い

家づくりについて楽しく学んで体感できる2つのサービス

個別相談

家づくり学校アドバイザーがあなたに寄り添い、お悩みを一緒に解決。

  • icon01

    家づくりの
    進め方や基本知識を
    しっかり学べる

  • icon01

    生涯にわたり
    無理のない住宅予算を
    一緒に考えてもらえる

  • icon01

    地元の厳選住宅会社から
    要望に沿った会社を
    提案してもらえる

セミナー・体感ツアー

家づくりで知っておかなければならない大切なテーマで各種セミナーを開催しています。

人気セミナーランキング

No.1

No.1新築基本編

家づくりを何から始めればいいのかわからない方にオススメの入門編。お金の話、会社の選び方、
最新トレンドまですべてが詰まった充実のセミナーです。

No.2

No.2土地探し編

失敗しない土地探しのコツを伝授。有利に進める価格交渉術や、契約時の注意点や諸費用についてなど
具体的なノウハウを公開するセミナーです。

No.3

No.3マネー編

家づくりに関するお金に不安のある方にオススメのセミナー。
人生設計を踏まえた適正予算の考え方など、完成した後も豊かに暮らすためのポイントをお伝えします。

No.4

No.4リフォーム編

建て替えか?リフォームか?どちらにするか迷われている方にオススメのセミナー。
最善の選択をするための判断術、信頼できる会社の選び方をアドバイスいたします。

No.5

No.5体感ツアー編

基本知識を身につけた上で実際に建物を見て、広さや動線、素材感や温熱環境、心地よさを感じることで、
自分たちがどこまで求めるか?という基準ができていきます。

各セミナーについて
詳しくはこちら

厳選された地域の
優良ハウスメーカー・工務店から
お客様の希望に沿った会社をご提案。
多くの方に満足いただいています。

相談の予約をする