住宅ローン控除と医療費控除、両方申告してもムダなの?

会社員の方で確定申告と言えば、一番身近で利用されているのが「医療費控除」ではないでしょうか?

医療費控除とは
一定額以上の医療費を年間で支払った場合に、納めた税金の一部が戻ってくるというものです。支払った医療費の額がそのまま戻ってくると勘違いされやすいのですが、支払った医療費に応じて税金を計算し直すというものです。

その年1年間に支払った医療費の総額が所得金額の5%又は10万円を超えた場合には、200万円を限度として医療費控除をすることができます。ですが、例えば保険会社から入院給付金を受け取った場合、あるいは健康保険組合などから支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金などを受け取った場合は、受け取った金額分が医療費から差し引かれます。

支払った医療費-保険等で補填された金額-10万円(または所得金額の5%)=医療費控除額(200万円を限度)となります。

医療費控除は、自分以外にも生計を同一にする家族の分もまとめて申告が可能なので、家族の中で一番所得の多い人が家族の分もまとめて医療費控除を申告すると、税負担を減らせる額が大きくなるのでお得で賢い方法と言えます😊

 

ここで一つ気になるポイント

住宅ローンを利用して住宅ローン控除を受けた場合、医療費控除を申請しても節税にならないのではないか??という点です。

例えば、ご夫婦が共働きで、ご夫婦ともに所得税・住民税を支払っているご家族で

ご主人だけが住宅ローンを組んだケース
→奥様がご家族分まとめて医療費控除の申告をされることで、奥様の所得税・住民税が軽減できます。

ご夫婦が連帯債務あるいはペアローンを利用されたケース
→仮にご夫婦ともに所得税は全額控除対象であっても、医療費控除申告をすることで住民税がさらに軽減することになる可能性があります。

少しややこしい話になりますが、
住宅ローンの控除額は、現在借り入れをしている住宅ローンの年末残高の1%です。つまり、利用者の所得額に関係なく、契約中の住宅ローンの残債額によって控除される金額が決まってきます。医療費控除の場合には、課税される所得額そのものが減らされるという仕組みになっていますので、二つの制度を併用することで、住宅ローン控除の節税効果がさらにアップする可能性が出てきます。

 

健康で医療費があまりかからないことが一番ベストですが、それでも医療費がたくさんかかってしまった・・時には、医療費控除と住宅ローン控除の両方を申告することで所得税の節税には役に立たないかもしれませんが、住民税の節税には役立つ可能性がありますので申告を忘れないようにしてくださいね😄

「家づくり学校」は、これから家づくりを始めたい方の学び舎。

やみくもに行動するのではなく、後悔しない理想の家づくりへの出発点として「家づくり学校」をご利用ください。そして、少しだけ前知識を持って始めていただきたいと思います。

LINE公式アカウントでも相談できます!

◆各種セミナーの詳細はこちらからチェック!

個別相談の詳細はこちらからチェック!

電話でのお問い合わせ・ご予約もお待ちしています⇒TEL 087-834-3834