「こどもみらい住宅支援事業」が延長されました!

【こどもみらい住宅⽀援事業】は、
「⼦育て⽀援」「2050年カーボンニュートラルの実現」に向けた国土交通省所管の事業

⭐目的
⼦育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図る
省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る

⭐補助対象
⾼い省エネ性能を有する新築住宅の取得
省エネ改修等の一定の要件を満たした住宅のリフォーム

注文住宅の新築・新築分譲住宅の購入

⭐対象者

子育て世帯:申請時点において、2003年4月2日以降出生の子を有する世帯
若者夫婦世帯:申請時点において夫婦であり、2021年4月1日時点でいずれかが39歳以下の世帯

⭐補助額
※対象となる住宅の延べ面積は50㎡以下
※土砂災害特別警戒区域における住宅は原則除外

住宅のリフォーム

⭐対象者

すべての世帯

⭐補助額

上限30万円/戸

✅次の条件に当てはまる場合は上限が引き上げられます。

■子育て世帯、または若者夫婦世帯

既存住宅を購入してリフォームを行う場合:上限補助額 60万円 / 戸
上記以外のリフォームを行う場合:上限補助額 45万円 / 戸

■その他の世帯

安心R住宅を購入してリフォームを行う場合:上限補助額 45万円 / 戸
上記以外のリフォームを行う場合:上限補助額 30万円 / 戸

※対象となるリフォーム工事の詳細については、こちらでご確認ください。

⭐申請手続き、補助金の受取は建築事業者が行う

●建築事業者は、あらかじめ「こどもみらい住宅事業者」としての登録が必要
●建築主は、自ら申請できません。

⭐交付申請期限が延長

事業が開始された当初の期限は、2022年10月31日まででしたが「原油価格高騰・物価高騰等総合緊急対策」を受けて延長されました!

詳細はこちら

注文住宅の新築・新築分譲住宅の購入・リフォーム

■契約期限
2022年(令和4年)10月31日→2023年(令和5年)3月31日に延長
※省エネ基準に適合する住宅の場合は2022年(令和4年)6月30日

■交付申請期限
2022年(令和4年)10月31日→2023年(令和5年)3月31日に延長

■交付申請の予約期限
2022年(令和4年)9月30日→2023年(令和5年)2月28日に延長

※予算執行状況により早まる場合が有ります

⭐完了報告期限も延長

戸建住宅:2023年5月31日→2023年10月31日に延長
共同住宅等で階数が10以下:2024年2月15日→2024年7月15日に延長
共同住宅等で階数が11以上:2024年12月31日→2025年5月31日に延長

今回の延長でも「一定の省エネ性能を有する住宅」の新築については2022年6月30日までに契約したものと限定してきています。より高い性能を有する省エネ住宅への支援に重点化される流れになっていますね。

「より高い性能を有する省エネ住宅とは?」

家づくり学校で学びましょう!

予算の考え方から住宅会社の見極め方まで学べる「家づくり学校」についてはこちらから

★【新築基礎編】
住宅会社の見極め方違いと価格ズバリわかります!

★【リフォーム編】
建て替えか?リフォームか?迷わない判断術

日程が合わなければ、日程リクエストもお受けしていますのでご都合の良い日を遠慮なくお教えください。セミナーと同じ内容をお伝えさせていただきます。

★【個別相談をご希望のかたは】
じっくりと相談できる個別相談はこちら