「構造見学会(現場見学会)」見どころ感じどころポイント!

皆さんの家のポストに「完成見学会開催!」のようなチラシが入っていることがあると思います。完成見学会は、住宅会社で建てたお施主様の家を、引き渡し前に披露させてもらう見学会。他方、「構造見学会」(現場見学会)っていう見学会もありますね。完成していない構造途中の現場を見てもらう見学会。。。何を見たら良いのか素人さんには分り難いものですよね。

 

先ずは「現場の清掃チェック」

きちんと綺麗に掃除されている現場なのか。釘などが転がっていないか。道具はちゃんと整理されて置かれているか・・・など、現場の状況で住宅会社の仕事に対する姿勢が見えてきます。

 

そして「断熱材チェック」

使用する断熱材は住宅会社によって異なりますが、何を使おうと、ムラなく、丁寧に施工されているかチェックするべきですね。断熱のことだけでなく、気密のことも併せて説明してくれる住宅会社であれば、先ず粗悪な断熱施工はしていないと思って良いと思いますが・・・。

 

更に「体感チェック」

これから寒い冬が訪れます。温熱環境などを肌で感じることができるのも構造見学会の醍醐味。高気密・高断熱の家は完成していなくても暖かく、「この状態でも住めそう」「この状態でも住んでいるアパートより暖かい」なんて感想も出るほど。

 

「うわ~。建築途中の現場ってこんな感じなんですねぇ~」そんな感想を求めているだけの見学会なら行く必要はありません。写真でもわかります。

 

福山校トップページはコチラ

◆福山校のセミナー一覧はコチラ

◆個別相談ついて詳しくはこちらから

◆電話でのお問い合わせはコチラ⇒084-961-3577

LINE公式アカウントでもお気軽にご相談いただけます!