高性能住宅のメリットとは

「高気密」「高断熱」と最近セットでよく耳にすることが増えてきましたが、気密や断熱性能を高めることのメリットをご存じですか?

「高気密、高断熱が良いと聞くから性能の高い家が欲しい」
ではなく、しっかり自分自身が気密、断熱性能を高める意味を知った上で
自分たちの家づくりを一つ一つ選んでいってください。

必ずしも高性能住宅だけが正解。ということはありません。
気密、断熱について理解した上であえて、高性能住宅を選ばない方もいらっしゃいます。

十人十色、三者三様とも言いますが、住宅も同じです。
住宅性能、無添加や自然素材、間取り、デザインなど自分たちの理想のお家には、何が一番欠かせないモノなのか。しっかり自分たちで選んでいきましょう。

そして、選ぶためにはまずは知る事からスタートです。
今回はよく耳にする高気密、高断熱のメリットについて簡単ですがお話したいと思います。

 

1.快適で健康に過ごせる住まい

断熱の最大の目的は「保温」です。

ですが、断熱材の力をしっかり発揮するためには、只々入れておけばいいという訳ではありません。

隙間なく、入れること。
「気密」性能も大事になってきます。

高気密、高断熱の二つがそろうことで、外気温の影響を受けにくい温度差の少ない快適なお家が完成します。

また、温度差が少なくなるということはヒートショックを防ぐことにもつながり、快適で健康に過ごせる住まいが出来上がります。

 

2.寒い・暑いのない、お財布に優しい住まい

エアコンをつけているのに「寒い」「暑い」そんな経験はありませんか?
実は、この現象はエアコンに問題があるのではなく住宅に問題があるのかもしれません。

というのも、気密、断熱性能が低いと室温と室内(壁、床、天井etc.)の表面温度に差が生まれます。

この差が大きいほど私たちが体感する温度に違いが出てきます。

つまり、「室温20℃なのに、寒い」と感じるのは
室温は20℃だが、室内の表面温度が10℃や8℃など低いと私たちが感じる温度は20℃以下になり寒く感じます。

室温=体感温度ではありません。
※【(室内の表面温度+室温)÷2 =体感温度 】

体感温度を室温と近づけるためには気密、断熱性能を高めることが必要です。
この二つの性能を高めると、室温と表面温度の差が少なくなり「寒い」「暑い」のストレスを解消できます。

また、温度差が少なくなると冷暖房も必要最低限に抑えられるので、電気代カットとお財布にも優しくなります。

※エアコン+扇風機orエアコン+電気ストーブなどがいらなくなる。エアコンだけで十分な環境に。

 

十分で確実な換気が可能に

現在、新築住宅では24時間換気システムが導入されておりますが、気密性能が低いと十分な換気は行われません。

「気密=隙間」
家に隙間があると中途半端に隙間から空気が漏れるため、しっかり空気の入れ替えができなくなるのです。

穴の開いたストローを想像してみてください。
穴が開いた状態では中の飲み物を十分に吸い上げることはできませんよね。

換気も同じです。
しっかり入り口と出口以外を密閉してあげることで、十分な換気が可能になります。

 

まとめ。

今回、気密・断熱性能を高めることのメリットについて3点、お話いたしました。
言葉で高性能住宅と言ってしまうと簡単ですが、そこには沢山の情報が詰まっております。

それが、自分達が望むものなのか、少しでも皆さんの判断材料になりましたら幸いです。

冒頭でも言いましたが、高性能住宅が全てではありません。
知識を持って、体感して、自分達で判断しながら、理想の家づくりを進めて行かれることを願っております。

もし、お悩みのことなどございましたら、いつでも家づくり学校へご相談下さい。
皆さまのお力になれますよう、精一杯お手伝いさせていただきます。

 

家づくりに関する疑問、お答え致します!!

家づくり学校松山校「オンライン個別相談」始めました!

お家づくりを進めていて、分からないことや不安になった時はぜひ「家づくり学校」へお気軽にお越しください!