【家づくり知識】夏でも結露する!?夏型結露と冬型結露の違い

結露は冬にしか発生しないと思っている方も多く、日本のお家の窓の結露は冬の風物詩になっています。しかし、結露は冬だけではなく、夏も発生する可能性があるのをご存じでしょうか?冬の窓ガラスの結露は目につきやすく、これは「表面結露」といいますが、夏の結露は目に見えづらいところで発生しています。今回はこの二つの結露についてご説明いたします。

冬型結露と夏型結露の違い

まず冬型結露ですが、これは部屋が暖かく、外が寒いために起きる現象です。窓ガラスの表面結露は目につきますが、壁の中にできる内部結露は目視できません。冬の内部結露はファンヒーター等の暖房で温められた部屋の水蒸気が、壁の中に入って外の冷たい壁などに触れたときに結露する現象になります。

夏型結露は外のジメジメした外の空気が通気層から壁の中に入ってきて、冷房のきいた部屋側の壁の中で冷やされて、結露してしまう現象です。冬ばかりに気がとらわれがちな結露ですが、夏でも外と室内の温度差が大きければ夏型結露が発生してしまうので、注意が必要です。

そしてこの内部結露が非常に厄介です!断熱材や柱や土台が常に濡れている状況をつくってしまうとカビが生え、ダニが発生します。木材は腐朽していまいます。健康面や安全面にも影響が出てきてしまいます…。

内部結露を防ぐには壁を正しくつくること!外気からの侵入を断つ、室内の水蒸気を抑える、湿気を逃がすなどの対策をつることで結露の心配を防ぐことができます。そういった知識を持った住宅会社にお願いすることが大切になります!

家づくり学校では家づくりの進め方が分からない、予算の考え方が分からない、住宅会社の見極め方を知りたい!などこれから家づくりを検討している方にお客様の状況に合わせて、アドバイスさせていただいております。住宅情報誌を発行している情報屋だからこそ知り得た、本当に家づくりにとって必要なことをお伝えさせていただきます!

家づくり学校湘南校でのご相談は、アドバイザーとお客様のマスク着用の上ご対応させて頂いております。手指用のアルコール消毒液の設置や、店内の換気も徹底しております。組数を限定してご対応させて頂いておりますので、空き状況などはお気軽にお問い合わせください!

家づくり学校での個別相談の様子ご相談の流れをご紹介する動画を公開中!下記バナーから動画をご覧くださいね!

皆さまのご来校をお待ちしております。

湘南校トップページはコチラ★

個別相談をご希望の方はコチラ★

オンラインでのご相談をご希望の方はコチラ★

LINE公式アカウントからもお気軽にご相談できます!

お電話でのお問い合わせはコチラから★ 0466-47-8764