親・子世帯が暮らす二世帯住宅の3つのタイプを知ろう

祖父母と父母、子どもがひとつ屋根の下に暮らす二世帯住宅。ここ湘南エリアでも二世帯住宅を検討しているお客様は多く、ご両親の暮らしている土地や建物を活かして二世帯住宅にしたい、とご相談を受けることが多くなっています。しかし、二世帯住宅といっても時代やライフスタイルによって求められる条件も違いますので、それぞれの特徴を知っておきましょう。

メリット

まず、同居によって家事、育児がお互いに協力でき、さらに介護面でも親世帯をサポートできる日常でのメリットがあります。やむを得ず幼い子供だけをお留守番させてなければならいないときも、ご両親の強力があれば安心です。また、世帯ごとにかかる建築費用を抑えられることがほとんどで、生活費や光熱費も削減できることもありますので、節約することもできます。今回のコロナウイルスによる影響で休校中のお子様も祖父母が見てくれやすいということもありますね。

デメリット

世代の異なる世帯が同居するので、食事や入浴、就寝時間などの生活習慣や価値観の違いで不満をもってしまう可能性があるのが二世帯住宅のデメリットでしょう。家族間の関わりが増えますので、プライバシーの確保がしづらく、気を遣う場面が増える可能性もあります。

3つのタイプがあります

①完全同居型

通常の一戸建てに二世帯で同居するタイプです。玄関や内部設備まで共有します。メリットは建築費用が他のタイプと比べて安くなること、将来単世帯になったとしても対応しやすいところです。デメリットはプライバシーの確保が難しいところや光熱費などが世帯別で区別がしづらいことがあげられます。

②部分共有型

玄関は一緒で各層に其々の世帯が暮らすタイプです。1階は親世帯、2階は子世帯のように居住空間が独立し、お風呂やキッチンなども別々に設置することが多いです。メリットは完全同居型のように全くの同居ではないものの、生活空間が同じなので、距離の近い暮らしができることです。デメリットは完全分離型に比べると、プライバシーの確保が難しいこともありますので、気を遣う場面も出てくるかもしれません。

③完全分離型

玄関を二箇所設置し、内部の設備も世帯ごとに分けているタイプです。二階にするか、横に広げるか、各世帯で居住するかたちになります。メリットは生活動線が別々なので、プライバシーの確保がしやすいです。分離はしているものの、隣同士なので、家族の安心感があります。デメリットは設備を完全に二つに分けるので、建築費用が高くなることです。

理想の二世帯住宅を建てるために

二世帯住宅を建てるには費用や工期含め、大きなプロジェクトになります。また、二世帯住宅は相続でのメリット・デメリットもあります。これらのことをしっかりと学んで知ることで、ストレス無くお話を進めていけます。家づくり学校では、ご家族様の無理のない予算の考え方や数ある住宅会社の見極め方など、これから家づくりを進めるにあたり、本当に大切な情報をお伝えしておりますので、ご家族で意見がまとまらない、不安などが少しでもございましたら、ぜひお気軽にお越しくださいませ。

LINE@でもお気軽にご相談できます!

湘南校トップページはコチラ★

湘南校のセミナー、見学ツアー情報はコチラ★

個別相談をご希望の方はコチラ★

お電話でのお問い合わせはコチラから★ 0466-47-8764