お知らせ
動画でセミナーや個別相談の模様をご覧いただけます。
オンライン個別相談も承り中です。
  1. 家づくり学校 トップ
  2. 利用実例
  3. お気に入りの眺めを楽しむ和みの平屋

利用実例

お気に入りの眺めを楽しむ和みの平屋

Iさんファミリー【香川県木田郡三木町】2020年完成
Iさんファミリー【香川県木田郡三木町】

喜びというよりも「やっと家が建った。自分たちでも建てれたんだ」という安堵感の方が強いです。家づくりは分からないことだらけで不安が強かったので、それも影響していると思います。

  • image1
  • image2
  • image3
  • image4
  • image5

Q家づくりのセンパイに10の質問

Question 01

家を建てようと思ったきっかけは?

結婚。いつかは家を持ちたいと思っていたのですが、実家に土地があったため、結婚を機に家づくりを考え始めました。

Question 02

家づくり学校を利用しようと思った理由は?

家づくり学校の建物(看板)を見かけて。調べてみると無料で家づくりの相談に乗ってくれる場所だったので話を聞きに行きました。

Question 03

家づくり学校アドバイザーの対応はいかがでしたか?

希望を伝えると、必要な情報を集めてアドバイスし、これからの進め方を提示してくれて…。FPさんにお金の相談もできて、効率的に計画を進められました。

Question 04

紹介された会社は的を射ていましたか?

射ていました。

Question 05

ズバリ、この住宅会社に決めた理由は?

リビングから緑豊かな景色を眺めて暮らしたいと思っていましたが、口に出して伝えてはいませんでした。でも、吉田社長は敷地を見て、リビングからの景観を楽しめる間取りを提案してくれたんです。隣家の両親と私たちがお互いストレスなく過ごせるよう配慮された間取りにも、住む人の立場に立って考える姿勢を感じました。パッシブデザインによる快適な住環境、家事動線の提案も気に入りました。

Question 06

家づくりをスタートするにあたって出した要望は?

高性能住宅であること(高耐震・高断熱・高気密)。両親や親族が集まれる和室をきちんと設けることはもちろん、LDKと和室を続いた空間としてまとめること。和室がいかに快適で落ち着いた空間になるか、LDKと和室のまとまりを重視しました。開放的かつ落ち着きのある空間にしたいと伝えました。

Question 07

住宅会社の仕事ぶりはどうでしたか?

よかったです。こだわりや要望など、私たちの思いをくみ取って形にしてくれました。

Question 08

家づくりを振り返って忘れられない思い出・エピソードは?

一番印象的だったのは、引渡式の時に担当スタッフが涙していたこと。こんなにも強い思いで取り組んでくれたのかと感動しました。また、設計士さんやインテリアコーディネーターさんとの打ち合わせは毎回和やかで楽しかったです。いつもリラックスした状態で打ち合わせができたので、要望などな何でも言いやすかったです。

Question 09

マイホームを実現された喜びを一言

喜びというよりも「やっと家が建った。自分たちでも建てれたんだ」という安堵感の方が強いです。家づくりは分からないことだらけで不安が強かったので、それも影響していると思います。

Question 10

家づくりを考えている皆さんへ先輩としてアドバイスを

まずは知識をつけて、自分たちが何を重視したいのかを考えることが大切。家づくり学校やFPさんのような第三者からアドバイスをもらうのも大事だと思います。客観的意見から見えてくるものもありますし、自分たちの基準ができますよ。

家づくりパートナー
(住宅会社スタッフ)のコメント

住宅会社スタッフ

ご両親の住まわれている、緑が多く自然豊かな土地でのプランニング。リビングからの素敵な景色を重視し、LDKプラス和室の、空間がひとつながりに感じられる開放的な間取りをご提案。季節ごとに変化する景観と和の雰囲気を感じられる、ゆったりと暮らす平屋のお家が完成しました。

吉田建設 株式会社設計・建築管理リーダー 岩田利之

アドバイザーの声

アドバイザー

初来校から2年以上。体感ツアーや会社訪問を通してじっくりと会社検討を重ねられ、感性が響き合う家づくりパートナーとともにのびやかな平屋を実現されたIさん。ご両親に見守られながら子育てができる素晴らしい環境、うらやましい限りです。よいご縁となり、お手伝いできた喜びを感じています。

家づくり学校アドバイザー 中平友