お知らせ
動画でセミナーや個別相談の模様をご覧いただけます。
オンライン個別相談も承り中です。
  1. 家づくり学校 トップ
  2. 利用実例
  3. 健康で人生を楽しむために。再びの我が家

利用実例

健康で人生を楽しむために。再びの我が家

Sさんファミリー【岡山県総社市】2019年完成
Sさんファミリー【岡山県総社市】

みなし住宅にいた時はお風呂にも入った気にならないくらい窮屈でつらかったのですが、今は天国のよう!のびのびと生活できていることを幸せに思います。

  • image1
  • image2
  • image3
  • image4
  • image5

Q家づくりのセンパイに10の質問

Question 01

家を建てようと思ったきっかけは?

西日本豪雨で自宅が浸水被害に遭い、建て替えを決意。

Question 02

家づくり学校を利用しようと思った理由は?

娘の友人の紹介で家づくり学校を知り、個別相談を利用しました。

Question 03

家づくり学校アドバイザーの対応はいかがでしたか?

三村さんから家づくりの基本や会社の見極め方をじっくり教わり、いろんな家づくりをされている会社を見学訪問することで、きちんと比較検討することができました。

Question 04

紹介された会社は的を射ていましたか?

はい。的を射ていました。

Question 05

ズバリ、この住宅会社に決めた理由は?

主人が「高島建設」さんの採用されている通気断熱WB工法の心地よさを気に入り、「ここしかない!」と決めました。井上社長の対応も迅速で、信頼してお任せできました。

Question 06

家づくりをスタートするにあたって出した要望は?

快適な室内環境と、和テイトストの家にしたいことを要望しました。

Question 07

住宅会社の仕事ぶりはどうでしたか?

当時、みなし住宅で暮らし、「早く新しい家に住みたい」と願っていた私たちの思いに応えようと一生懸命作業してくれました。おかげで予定よりも早く入居することができ、感謝しています。

Question 08

家づくりを振り返って忘れられない思い出・エピソードは?

娘にもアドバイスをもらいながら、いろいろな会社を見てまわり、楽しく家づくりを進められたことです。

Question 09

マイホームを実現された喜びを一言

みなし住宅にいた時はお風呂にも入った気にならないくらい窮屈でつらかったのですが、今は天国のよう!のびのびと生活できていることを幸せに思います。

Question 10

家づくりを考えている皆さんへ先輩としてアドバイスを

しっかり工務店の担当者と話し合うことがとにかく大切です。プロの提案もたくさんしてもらって、納得の家づくりをしてくださいね。

家づくりパートナー
(住宅会社スタッフ)のコメント

住宅会社スタッフ

Sさんとの出会いは豪雨災害後の12月。ご自宅が被災され、再建したいとのご相談でした。機械に頼りすぎない、自然の力で室内の空気を快適に保つ弊社の「呼吸する家」をご見学いただき、迷うことなく選んでいただきました。入居後も快適な室内環境にご満足いただけ、とてもうれしく思っています。

有限会社 高島建設 一級建築士事務所代表取締役 井上佳宏

アドバイザーの声

アドバイザー

最初は、浸水被害に遭ったご両親の家を何とかしたいと娘さんが来校。ご相談に来られるまで、そして完成までにも思われることが多々あったと思います。そんなご夫婦の気持ちにしっかりと寄り添い、応えてくれる人は?と考え、井上社長をご紹介しました。奥さまの笑顔が見られて本当によかったです。

家づくり学校アドバイザー 三村佳江