実例紹介

建築家と叶えた新旧溶け合うリノベーション

Fさんファミリー【岡山県岡山市】

2018年完成

Fさんファミリー【岡山県岡山市】

家づくりを通して父母の思い、私達家族のこと、将来のこと、家のあり方を話し合うことが増え、とても有意義な時間を過ごしました。

  • image1
  • image2
  • image3
  • image4
  • image5

Q家づくりのセンパイに10の質問

Question 01

家を建てようと思ったきっかけは?

自分の家を建てるという夢があり、子どもができたのをきっかけにのびのびと過ごせる環境に移りたいと思うようになったからです。

Question 02

家づくり学校を利用しようと思った理由は?

主人の実家を譲り受け、建て替えるかリノベーションするかで迷っていました。どこの住宅会社に依頼すれば良いかもまったくわからず、住宅関係のチラシがたくさん入る中、「家づくり学校」という名前に目が止まりました。学校というくらいだから何か詳しく情報を教えてくれるかも知れないと思い、訪問しました。

Question 03

家づくり学校アドバイザーの対応はいかがでしたか?

子どもがぐずっても親切・丁寧で笑顔で楽しく対応していただき、こちらも安心して話を聞くことができました。

Question 04

紹介された会社は的を射ていましたか?

4社紹介していただきましたが、それぞれの良さを教えていただき、比べながら自分達にあった住宅会社を選ぶことができました。

Question 05

ズバリ、この住宅会社に決めた理由は?

おしゃれな家にしたかったのですが、既存部分と新しい部分がうまく融合するか不安でした。リノベーションなので制約もあるだろうと覚悟していましたが、「何でもできます。既存のいい所を生かして相談しながら一緒につくっていきましょう」と心強い言葉をいただいて。不安をワクワクに変えてくれたこと、それが決め手でした。

Question 06

家づくりをスタートするにあたって出した要望は?

明るく、広く、高級感のある家で、既存の家とうまく融合できることです。

Question 07

住宅会社の仕事ぶりはどうでしたか?

忙しい中、さまざまな質問に丁寧に答えてくださったり、つくりかけの家を何度も見に行った時も夏の暑い時期にも関わらず手を止めて対応してくださったり、子どもの相手をしてくださったりと、お人柄が良い人ばかりで安心してお任せできるなと思いました。

Question 08

家づくりを振り返って忘れられない思い出・エピソードは?

広い空間をつくるために取れると思っていた柱が、実は2階とつながっていて取れないとなって。とっても残念でしたが、設計士さんの案で家の雰囲気に合う黒皮鉄で柱を覆い、リビングのアクセントになりました!お見事でした!友人達にもかっこいいと評判でうれしかったです。

Question 09

マイホームを実現された喜びを一言

家づくりを通して父母の思い、私達家族のこと、将来のこと、家のあり方を話し合うことが増え、とても有意義な時間を過ごしました。

Question 10

家づくりを考えているみなさんへ先輩としてアドバイスを

家づくりはやり直しができない分、色や大きさ、位置を決めることには本当によく頭を使い、妥協しなければならないこともあり、やってみなければわからないことには不安もありました。でも、工務店の方、設計士さんと一緒に家をつくっていく感覚はとても楽しく、喜びや期待がありました。そして、私達はまたひとつ夢を叶えることができました。みなさんも「好き」に囲まれ、家族の心がゆったり落ち着ける場所、英気を養う場所を手に入れてください。

家づくりパートナー
(住宅会社スタッフ)のコメント

住宅会社スタッフ

ご主人が育った実家をご両親から譲り受けてのリノベーション。少し増築することにより、ゆとりある明るい住まいとなっています。こだわりのキッチンは外のタイルデッキとつながり、とても開放的。木や鉄、タイルなど素材感にもこだわり、暮らしやすさとカッコ良さにご家族も大満足していただけました!

MON-be-run/株式会社 小橋工務店 一級建築士 伊藤 嘉邦

アドバイザーの声

アドバイザー

当初は建て替えかリフォームかで悩まれていましたが、お話をすればするほど、ご両親が大切にしてきた、そしてご自身の育った思い出深いご実家を何とかいい形で残しつつ夢を叶えたい!というご主人の思いをとても強く感じました。ご夫婦、ご両親の思いが詰まった素敵なお家になりましたね。おめでとうございます。

家づくり学校アドバイザー 川上 万里子

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせ・個別相談会(無料)