【家づくり知識】熱の流入出が多い窓のことも考えよう

お家を建てる時に必ずといって必要な窓。窓は光や空気を取り込むだけのものと思われがちですが、実は熱の流入出に大きく影響が出てくる部分となります。窓が大きすぎると熱が逃げる量が増え、小さすぎると光が入らず室内が暗くなります。窓はデザインと住宅性能の両方に大きく関係してきます。

デザインと住宅性能はバランスが大事

窓の熱流入出ですが、冬は52%が窓から出て行き、逆に夏は74%もの熱が窓から入ってきます。開口部に大きく窓をつくると、デザイナーズ住宅のようなガラス張りの建物やスタイリッシュで格好良い建物になると思います。しかし単純にそのように窓を設置しただけでは、夏は暑く、冬は寒い家になってしまう可能性があります。デザインと性能は対極にあり、バランスをとることが大事です。

窓の断熱性能

窓といってもたくさん種類があります。窓の断熱性能はサッシ、ガラス、開閉方法で検討していきます。

◆サッシ
サッシの素材はアルミと樹脂と木の3種類があります。断熱性能の高さは木>樹脂>アルミの順となります。サッシは熱を伝えにくい樹脂や木製が断熱性能が高くなります。しかし強度はアルミの方が強いです。

◆ガラス
ガラスは枚数で選びます。単板ガラス、ペアガラス、トリプルガラスの3種類があります。もちろん、ガラスの枚数が多い方が断熱性能が高くなりますが、コストはかかります。

◆開閉方法
日本でよく使われているのが、引違い窓ですが、これと比較して断熱性能が高いのが縦すべり窓、横すべり窓、FIX窓です。引違い窓は動く部分にゴムパッキンが使われており、これが劣化すると断熱性能が低下してしまいます。

良い断熱性能の窓を選べば、もちろんコストはかかってきます。しかし光熱費を抑えられることに繋がりますので、結果長期的に見据えると安く収まる可能性もあります。見た目やコストだけ判断するのではなく、その窓を選ぶことでお家にどのような影響があるのか、しっかりと考えていきましょう!

失敗・後悔しない家づくりのために

家づくり学校では家づくりの進め方が分からない、予算の考え方が分からない、住宅会社の見極め方を知りたい!などこれから家づくりを検討している方にお客様の状況に合わせて、アドバイスさせていただいております。住宅情報誌を発行している情報屋だからこそ知り得た、本当に家づくりにとって必要なことをお伝えさせていただきます!

家づくり学校湘南校でのご相談は、アドバイザーとお客様のマスク着用の上ご対応させて頂いております。手指用のアルコール消毒液の設置や、店内の換気も徹底しております。組数を限定してご対応させて頂いておりますので、空き状況などはお気軽にお問い合わせください!

家づくり学校での個別相談の様子ご相談の流れをご紹介する動画を公開中!下記バナーから動画をご覧くださいね!

皆さまのご来校をお待ちしております。

湘南校トップページはコチラ★

個別相談をご希望の方はコチラ★

オンラインでのご相談をご希望の方はコチラ★

LINE公式アカウントからもお気軽にご相談できます!

お電話でのお問い合わせはコチラから★ 0466-47-8764