【家づくり知識】設計時の省エネ基準適合の説明義務化とは

2020年からは新築の省エネ基準適合義務化が予定されていましたが、現在の適合率の低さなどを考慮し、義務化は見送られました。しかし、住宅の省エネ化は必須です。国土交通省は設計時に省エネ基準に適合しているかしないかを建築士が建築主に説明することを義務とする制度を創設しました。

省エネ基準適合の説明

これは2021年4月から実施されます。説明することで家づくりをする方の省エネ基準適合への意識を高めていく考えです。適合義務化ではないが、今後は省エネ基準への適合は必須になると思います。そしてさらに省エネ基準を上回るZEHも当たり前になってくる時代になってくることが予想されます。

◆対象・・・300㎡未満の原則すべての戸建て住宅や小規模店舗等
◆内容・・・①省エネ基準に適合しているか ②(適合していない場合)省エネ性能を確保するための措置
◆方法・・・建築士が建築主に書面を使って説明する

省エネ基準とは

省エネ基準では一定の断熱性能の基準【UA値(外皮平均熱貫流率)】と【ηAC値(冷房期の平均日射取得率)】をクリアした上で、冷暖房、換気、給湯、照明などの設備機器のエネルギー消費量を化石燃料・原子力・水力・太陽光など自然から得られる「一次エネルギー消費量」に換算。設備機器も含めた住宅全体の省エネ性能を評価します。

建築のプロに依頼しましょう

省エネ性能に加え、耐震などの強度や土地のことなどお客様の立場になって一緒に考えてくれる建築のプロに家づくりを依頼することで失敗・後悔しない家づくりにつながると思います。担当者の人柄も大切ですが、しっかりとお家全体の性能もしっかりと考えていきましょう!建築のプロの見極め方が分からないからはお気軽にお問合せくださいませ。

 

現在家づくり学校湘南校は、政府から発表された緊急事態宣言に伴い、お客様の安全を考慮し4月8日(水)から5月6日(水)までの期間の営業を自粛休業させていただいております。ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

休業中ではございますが、お電話やメールにてのご相談は随時、受け付けております。家づくり学校をご利用のお客様はもちろん、家づくり学校を利用したことがないお客様もお気軽にご連絡をいただければと思います。この期間中におうち時間を大切にされながら、家づくりの疑問点や分からないことが出てきましたら、家づくり学校にご相談くださいませ。

LINE公式アカウントでもお気軽にご相談できます!

家づくり学校湘南校トップページはコチラ★

お電話でのお問い合わせはコチラから★ 0466-47-8764(水曜日定休)