【家づくり知識】不動産に関する法律~建築基準法について~

家づくりをするにあたり、必ず知っておかなければならない不動産に関する法律。今回は建築基準法についてお伝えいたします。建築基準法とは、建物の敷地や構造、用途など、建物を建築するうえでの基本的な事項を定めた法律になります。

用途制限

建築基準法では、市街化区域に建築できる建物に制限をつけています。都市計画法によって「住居用」や「商業用」、「工業用」など、その場所の用途により13の区分に定められているんです。住宅に関しては工業専用地域のみ建築できないので、比較的にはどこでも建築できることになります。

住居系
・第一種低層住居専用地域
・第二種低層住居専用地域
・第一種中高層住居専用地域、、etc

商業系
・近隣商業地域
・商業地域

工業系
・工業地域
・工業専用地域
・準工業地域

道路の定義と接道義務

建築基準法では、幅員(道路の幅)が4m以上ある道を、道路と定義しています。例外として、2項道路があります。

2項道路
建築基準法が適用された際にすでに建築物が立ち並んでいて、幅員が4m未満の道路の中で、特定行政庁が指定したものを2項道路といいます。この場合は、原則として道路の中心線から水平距離で2mずつ両側に後退した線が道路の境界線と見なされます。この後退部分をセットバックといい、建築物の敷地として利用できず、建築面積や延床面積の計算においても敷地面積には含まれません。

接道義務
建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。2m以上接していない場合、お家を建てることはできません。

建ぺい率と容積率

建ぺい率とは、その敷地に建てられる建築面積の割合のこと。たとえば、30坪の広さの土地で「建ぺい率80%」とある場合、建築面積24坪までのお家を建てることができます。それに対して容積率とは、その敷地に建てられる延べ床面積の割合のこと。たとえば、30坪の広さの土地で「容積率100%」とあれば、各フロアの床面積の合計が30坪までのお家を建てられる、ということです。

上記を組み合わせると、「建ぺい率80%、容積率100%」の30坪の土地があった場合、建築面積は最大24坪、述べ床面積は最大30坪までのお家が建てられる、ということがわかりますね。

現在家づくり学校湘南校は、政府から発表された緊急事態宣言に伴い、お客様の安全を考慮し4月8日(水)から5月6日(水)までの期間の営業を自粛休業させていただいております。ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

休業中ではございますが、お電話やメールにてのご相談は随時、受け付けております。家づくり学校をご利用のお客様はもちろん、家づくり学校を利用したことがないお客様もお気軽にご連絡をいただければと思います。この期間中におうち時間を大切にされながら、家づくりの疑問点や分からないことが出てきましたら、家づくり学校にご相談くださいませ。

LINE公式アカウントでもお気軽にご相談できます!

家づくり学校湘南校トップページはコチラ★

お電話でのお問い合わせはコチラから★ 0466-47-8764(水曜日定休)