省エネ?ZEH?省エネ基準?2020年の住宅革命とは

2020年は何の年?東京オリンピックが開催される年でもありますが、「住宅革命の年」とも言われています。本日は、2020年の家づくり法改正についてお話します。

省エネは当たり前になる!?

2020年、すべての新築住宅に、省エネ基準の適合が義務化されます。
省エネ基準とは、日本の断熱化基準の通称です。先進国の中で最低だった日本の断熱基準でしたが、この基準を設定することでようやく欧米諸国の最低レベルに達することができました。今後、日本で建てる家は断熱材をしっかり入れた家にしようと、やっと国が言い出しました。それだけ日本の家づくりって遅れているんですよ・・・。

断熱材の厚みが変わります

今回のブログでは、省エネ基準で定められている「断熱材の厚み」のお話をしていきます。
これから義務化となる基準では、天井や壁の中での断熱材の厚みが、倍以上になるものもあります。断熱材の種類によって厚みの基準は異なりますが、今後は高断熱住宅が求められるようになります。
この基準は、計算上では熱が逃げにくく熱が入りにくくなるというものでした。夏は涼しく、冬は暖かい家の実現を想像していましたが実際はそうではないんです。
断熱材の厚みが増せば性能は良くなるんじゃないの・・・?

断熱は正しい施工で真の性能を発揮します

断熱材の厚みを増しても、性能の良い断熱材を使ったとしても、確実丁寧な施工をしないと性能を出し切ることは出来ません。ここで大事な事の1つが家の中の隙間です。
この隙間については、週末開催の家づくりセミナーにて詳しいお話をしているので、ぜひ家づくり学校 湘南校にお越しください!

次世代省エネ基準の中で断熱材の厚みの規定はあるのですが、家の隙間については規定が無いんです!
この隙間が冬場のスースーの原因になります。日本で今建っている家のほとんどがこのような家なんです。
つまり、どんな断熱材を使ったとしても家の中の隙間を気にしなければ快適な空間を作り出すことはなかなか難しいということなんです。

信頼できるプロを見つけましょう


今後義務化となる政策について説明をしてくれるか?普段見ることができない天井や壁の中の施工を丁寧にしてくれるか?など、信頼できる家づくりのプロの見極めポイントはたくさんあります。家づくり学校 湘南校ではその見極め術をお伝えしています!
2020年基準を満たすだけではなく、その先の2030年基準の家づくりをしているプロもいます。ぜひ、そんなプロとの家づくりをしていただきたいと思います。
家づくり学校では、後悔しない家づくりのお手伝いをさせていただきます!まずはお気軽にご相談ください!

家づくり学校 湘南校はGWも休まず開校しています!セミナー情報はこちらから。個別相談は随時承っています。お気軽にお問合せくださいね。