家づくりは増税前がホントにチャンス!?負担軽減のための優遇制度を知ろう

2019年10月1日からいよいよ消費税が10%に引き上げられます。3%に始まり5%、8%と、これまで何度か経験してきた消費税率の改正ですが、今回の改正では、新たに2つの制度が導入されるとかなんとか。。その一つが色々な業種に影響があり、細かなルールへの対応が必要になる「軽減税率制度」。飲食料品(お酒や外食サービスは除く)は軽減税率8%対象みたいですね。そして、家づくりにも増税後の負担軽減のための優遇制度があります!

優遇制度その①!すまい給付金

自ら住むための住宅を取得するにあたって8%または10%の消費税率が適用される場合、収入により給付金が支払われる制度です。給付基礎額は適用される消費税率と都道府県民税の所得割額をもとに決められ、給付を受け取るには申請が必要になります。消費税が10%になると、給付額は最大50万円に引き上げられ、収入の上限(年収775万円以下が目安)も引き上げられます。

優遇制度その②!贈与税の非課税措置

増税後には直系尊属(父母、祖父母など)から住宅購入資金の贈与を受けた場合の非課税措置が拡大します。消費税8%の今は最大1,200万円ですが、10%になると最大3,000万円まで贈与税が非課税になります(※各種要件有り)。ご両親等から、援助資金が見込める方は増税後の方が良い場合がございますので、焦って決めるのは禁物ですよ!

家族の将来設計を描くのが大切です

増税は家を建てるタイミングを決める要素の一つですが、家の「建て時」は家庭によって違います。増税だけに惑わされるのではなく、家族の将来設計や家計の現状をふまえた上でベストなタイミングを見極め、無理のない資金計画を立てて計画することが大切になってきます。家づくり学校では無理のない住宅計画や住宅会社の特徴や価格の違い、土地探しのポイントなど、家づくりを進めるにあたり、本当に大切な事をお伝えしております。家づくりの事で不安や悩み事があるなら、ぜひ一度!家づくり学校にお越しください☆後悔・失敗しない家づくりをお手伝いさせていただきます。

皆様のご来校をお待ちしております。

その他セミナー&見学ツアーも随時開催中!詳しい日程・内容はこちらからご覧ください。

お電話でのご予約は046-647-8764へ★