窓などの開口部から、どれくらいの熱が出入りするかご存じですか?

家づくり学校の大きな窓

なぜ冬の室内は寒く、夏の室内は暑いのか?それは外気温の影響を受けるからです。外気温の影響を受けないようにするために、家は壁や床、天井などには断熱材を入れています。

そして、窓からも熱が出入りしています。冬は窓から室内の暖かい熱が半分が逃げていき、夏は外の熱が7割入ってくると言われています。だったら冬は暖かい熱が逃げないように、夏は外の暑い熱が入らないようにすることで外気温の影響を少なくできるとも言えますよね。家づくりにおいては窓の選択も大切です。

断熱性能の高い窓を選べば熱の出入りを防げますよね。

家づくり学校の大きな窓

家づくり学校 甲府校の大きな窓

今の冬の時期、暖房をつけているのに窓辺に立つとヒヤッとします。室温をどれだけ暖めても表面温度(窓、天井、壁、床)が冷たいと人間は寒いと感じてしまいます。実際の室温は高くても、表面温度が冷たい窓に体温を取られてしまい、寒く感じてしまうのです。暖かい熱は常に冷たい熱側へ移動しており、自然の原理で変えようがないものです。熱移動が起こらないような空間をつくれば窓辺に立ってもヒヤッとしないということですね。

最初の第一歩として基本知識を学びませんか?

「マイホーム、家づくりって何から始めたらいいのかわからない」「価格はどれくらい?」「どんな家があって、どんな住宅会社があるの?」家づくりのご相談でよく聞く声です。

家づくり学校では家づくりの進め方や知っておいて欲しい基本知識などをお客様に合わせての個別相談セミナーでお伝えし、解決のお手伝いをしています。上手に家づくり学校をご利用くださいませ。アドバイザーの宮原でした。

【家づくり学校 甲府校】

住所:甲府市向町290-3(向町交差点和戸通り沿い)

時間:10:00~19:00(年中無休)

お子様連れでも安心してご来校いただけるよう、キッズコーナー・授乳室・おむつ交換台を完備しています。店舗前に広い平面駐車場もありますので、お車でお気軽にお越しください。

セミナーの開催日程はこちらのページから

個別相談のご予約も承っています。HPからお気軽にお問合せください。詳しくはこちらから

家づくり学校甲府校について詳しくはこちらから