よくわかる【フラット35】借り入れ条件

【フラット35】は、全国300以上の金融機関が住宅金融支援機構と提携して扱う「全期間固定金利型」の住宅ローンです。

 

フラット35を借りるには「人」「住宅」の両方の条件をクリアする必要があります。
銀行は、申し込む人の評価(年収や勤務先、勤続年数など)を重視して審査が行われる場合が多い
フラット35は、融資条件+建物の技術基準を重視して審査が行われる

借りる人に関する条件

●年齢
申込時の年齢が満70歳未満の方
※「親子リレー返済」をご利用の場合は、満70歳以上の方もお申込みいただけます
●国籍
日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方

●収入
返済中のすべての借入れを含めて、年収に占める年間合計返済額の割合( = 総返済負担率)が以下の基準を満たしている方※年収は、原則として、申込年度の前年の収入を証する公的証明書に記載する金額

年収400万円未満→30%以下
年収400万円以上→35%以下

フラット35は、勤続年数や勤務先については銀行ほど重視しない傾向にあるため、転職したばかりなど勤続年数が短い方でも借り入れができる可能性があります。

産休中・育休中の奥様お一人での借り入れも可能ですから、産休中・育休中の奥様の収入合算も可能となります。

住宅に関する条件

住宅金融支援機構が定めた新築住宅の技術基準を満たしていること
適合証明機関や適合証明技術者などの検査機関による物件検査を行って適合していることを証明する「適合証明書」の取得が必要。この適合証明書は、検査機関へ物件検査の申請を行い、合格すると交付されます。

【一戸建て住宅等(連続建て住宅及び重ね建て住宅を含む)の基準項目と概要】
※マンションの場合は、基準が少し異なります。

●接道
原則として一般の道に2m以上接すること

●住宅部分の床面積
70平方メートル以上

●住宅の規格
原則として2以上の居住室(家具等で仕切れる場合でも可)ならびに炊事室、便所及び浴室の設置

●併用住宅の床面積
併用住宅の住宅部分の床面積は全体の2分の1以上

●断熱構造
住宅の外壁、天井または屋根、床下などに所定の厚さ以上の断熱材を施工(断熱等性能等級2レベル以上)

●住宅の構造
耐火構造、準耐火構造(省令準耐火構造を含む)または耐久性基準に適合

●配管設備の点検
点検口等の設置

●区画
住宅相互間等を1時間準耐火構造等の界床・界壁で区画

留意点

いくら建物の審査を重視しているとは言っても、過去に税金やクレジットカードの支払いを滞納しているなどの経歴がある場合には審査に落ちる可能性が高いという点は銀行と同じといえます。

さまざまな金融機関で利用できるフラット35は、どの金融機関でも共通した基準で審査を行っています。つまり、どこで審査を受けても結果は同じと考えられます。

家づくりは人生で一番大きな買い物。やみくもに行動するのではなく、少しだけ前知識を持って始めてみませんか?

神戸校のホームページをみる
神戸校のセミナースケジュールをみる
個別相談について詳しくはこちらから

電話でのお問い合わせはコチラ→078-798-6699