【中古戸建探し】1981年6月1日以降かチェック【耐震基準】

建築基準法には、住み人の安心・安全を守るための構造や敷地などの最低限レベルが記されています。その中の一つに耐震基準があり、その最低限ラインは時代によって変わってきました。

その変わったタイミングが1981年6月1日!!

この日以前を旧耐震基準。以降を新耐震基準と言っています。旧耐震基準では「震度5弱程度の地震に耐えうる家を建てなさい」に留まっていました。阪神淡路クラスの地震は想定外だったのです…。それじゃあいけんということで、新耐震基準ではそのレベルの地震でも十分耐えうるレベルを最低限ラインと引き直しました。

旧耐震基準が全て危険かというとそういう訳ではない!!

今の新耐震基準の時代においても、建築基準法のラインを遥かに上回る強度で家を建てている会社は多くあります。同じように昔に建てられた家でも丁寧に建てられた家は今でも立派に残っています。お寺さんなんか最たるものですね!

あるいは、築年数が1981年であって、さらに強度の弱い家だったとしても、近年になって耐震改修をしたおうちも多くあります。築年数は分かりやすい一つの目安ではありますが、検討のおうちが耐震改修をしているかどうかもしっかり不動産会社に確認することが大事です(*‘∀‘)

これから家を売ろうかな…と思っているかたも、売主の責務として一度耐震診断をしてもらうことをおススメします。なんてたって、こちら兵庫県民なら1割負担で出来ますから!!神戸市民なら無料です!

もちろんそのあとのフォローも手厚いですよ♪耐震診断の結果、危険!…と判断されてしまったら…改修工事によって家の強度を高めてあげることができます。こちらの補助金は各市町村によってそれぞれ決められていますが、例えば神戸市だと工事金額によって幅はありながらもMAX130万円の補助金が貰えます。

30年以内に南海トラフが来る確率は80%とも…。今のうちに、上手に制度を活用しながら対策していきましょう!

中古リノベの成功の秘訣は物件選びからはじまります。そして、その物件選びのためには、家や木を知り尽くしている建築のパートナーが必要不可欠!住宅会社はどう選んでいけばいいのか、迷われたら我々の出番です。ご相談ください(*^-^*)

神戸校への電話でのお問合せはこちらから→078-798-6699

各種家づくりセミナーの開催日程をみる
個別相談を申し込む
家づくり学校神戸校のホームページをみる

インスタはじめました!@iedukurigakkou_kobe

■ライン@でもお気軽にご相談ください!ここまで読んでくださりありがとうございました!