【ペットと暮らすお家】ペットも人も快適に過ごすために

家づくりを考える際に、愛するペットのためにも快適な環境をつくってあげたい!と考える方も多いのではないでしょうか? お客様の中には、「マンションやアパートではペットが飼えないので一戸建てが理想なんです」というご相談をいただくこともあります。
今回は、ペットと暮らす家づくりのポイントに着目してみようと思います!🏠🐾

◎ペットのストレス対策・安全性

★汚れに強い素材・耐久性のある素材を使う

室内でペットを飼う際、家の壁をペットが引っ掻いたり噛んだりして傷んだり、汚れがついてしまったりしがちですよね。ペットが触れる高さまでは汚れに強い素材で腰壁を設けることで汚れが抑えられると同時に、インテリア性もアップさせることができます。撥水加工やタイル素材を活用し、汚れを簡単に拭き取れるように工夫することも可能ですね。
特に床材は、滑りにくく、傷つきにくい素材を選ぶことが大切。丈夫でクッション性のある「クッションフロア」を床に敷くなど、工夫できることはたくさんありますので、ペットとの相性に合わせて検討してみてください😊

★猫の場合は爪とぎにも注意

ペットが猫ちゃんの場合、壁や大切な家具で爪とぎをされて困ったという方もいるのではないでしょうか?そんな爪とぎに備えて、硬くて安定した爪とぎ専用スペースをもとから用意してあげることで防止できるかもしれません🐈
また、カーテンを破ってしまう猫ちゃんもいるかもしれないので、ブラインドやロールカーテンを上手に活用するなどの工夫で対策ができます◎

★ペットが好きなスペースをつくってあげる

例えば猫は高いところが大好きで、上下運動を好むと言われています。キャットウォークやキャットタワーなどの足場を設けることで楽しい空間にすることができます。また、くぐり戸やくぐり窓をつくって移動しやすくしたり、お庭にドックランをつくって遊ばせたり、スロープを設けてペットの負担を減らしたり……というように、スペースを工夫してあげることでペットも快適に過ごせます。
オシャレなバルコニーやスケルトン階段も最近とても人気ですが、小型犬などはその隙間から落ちてしまう可能性もあるので、デザイン面にも注意してください💦

★湿度や温度を快適に!

体温調節が苦手なペットには、夏涼しく冬暖かいお家を作ってあげることが大切。もちろん人間にとっても快適な空間になります😍🌳 温度差のないお家はエアコンの電気代も節約できるので、メリットが大きいですね。
また、快適な湿度は約40~60%と言われています。珪藻土や調湿できるクロスなどもあるので、素材選びに着目してみるといいかもしれません。

◎人の快適性

★消臭や防音性を高める

先程も出ましたが、ペットにとって快適=人にとっても快適な空間です。珪藻土・漆喰・調湿できるクロス・消臭効果のあるクロスなどを活用することで、お部屋全体を調湿すると同時に、匂いやアレルゲンの低減も可能です。
同時に防音効果も高まるので、ペットの鳴き声でご近所に迷惑をかけることもなくなり、逆に外の音が室内に入ってきてストレスになるのも抑えられます🐕

★部屋の換気

実は、家全体の気密性を高めることで、換気の効率を高めることができます。気密性とは、お家の隙間をなくすこと。お部屋の中にいるのに、なぜか隙間風でスース―したり、夏場、二階がムワッと暑かったりした経験はありませんか?🌻
気密性を高めた家づくりをすることで、快適性もアップし、計画換気もしっかりできるようになりますよ!(詳しいお話はぜひ家づくり学校へ✨)

★動線の工夫

ワンちゃんを飼っているご家庭なら、散歩から帰ってきたときの動線を工夫してみるといいかもしれません☀
シューズクロークを広めに設けて収納を増やしたり、玄関近くにシンクを設ければ、そこで足が洗えてお部屋を清潔に保てるなど、飼い主さんにとっても大きなメリットが💕

いかがでしたでしょうか?ペットも大切な家族の一員ですから、快適な空間づくりをしっかり考えてあげたいですよね😊💕

家づくりは一体何から始めたらいいのか? スタートの第一歩としてお気軽に家づくり学校にお越しください(^^)/ 皆さんのご要望をお聞かせいただければ嬉しいです!

●神戸校のホームページを見る

●神戸校のセミナースケジュールを見る

●個別相談について詳しくはこちら