子育てしやすい間取り3つのポイント

子育てのしやすさは間取り次第!ママ達から多く寄せられる間取りに関する3つのギモンにアドバイザーがお答えします!

☆間取りに関するノウハウ記事はコチラから

☆先輩が建てた家「施工実例」はコチラから

子どもの部屋はどんなふうに作ればいいの?

成長に合わせて変えられる部屋にしておきましょう

個室が必要になるのは中学生頃から独立するまでの数年間。仮に2人の子どものために10畳確保できるとして、子どもがまだ小さいなら最初から2人分の個室を設けるより10畳のプレイルームとしておく方が合理的。子どもは広い所で走り回れた方がいいし、家族で一緒に寝る部屋にもできます。個室を必要とするようになったら間仕切りをすればOK。大切なのは仕切る時のために設計段階で入口や窓、収納、コンセントなどを2部屋分用意しておくこと。間仕切りの仕方は壁を取り付けるだけでなく、大き目の収納家具を配置するという方法も。これなら子どもが独立した後もコストをかけずに1部屋に戻せます。子ども部屋は将来の活用方法(客間や夫婦の個室として使うなど)も考えて計画しましょう。

家事の間も子供を見守れるようにするには?

リビングに子どもの居場所を作りましょう♪

子どもが小さいうちは家事の間も目が離せませんよね。キッチンにいても見える所に畳の部屋を設けて子どもの遊び場にすれば目も届き、昼寝やおむつ交換にも活躍してくれます。同じくリビングに面してウッドデッキや中庭を作れば格好の遊び場に。リビングからも目が届くので安心です。また、リビングに宿題や読書ができるカウンターを設ければ、そこが子どもの居場所になります。様子が見守れるだけでなく、自然と勉強する習慣が身に付くことも期待できます。子どもが大きくなったら書斎や家事スペースとして活用すれば無駄もありません。

コミュニケーションがとれる家にしたい!どうすればいいの?

回遊動線やリビング中心の間取りで自然と家族が顔を合わせる工夫をしましょう!

吹き抜けを設ける、リビングを家の中心に置いて各部屋へ行くのに必ずリビングを通るようにする、回遊動線にするなどでコミュニケーションが取りやすくなります。特に子どもは思春期になるとどうしても家族との交流が減るもの。階段スペースに家族の好きな本を並べたライ ブラリーを設けたり、皆で使えるパソコンスペースをリビングに作るなどすれば、自然と家族が集まる場所になりますよ。

☆家づくりの基礎を学ぶなら家づくり学校へ!!☆

何から始めたらいいか?無理のない予算は?間取りの考え方や住宅会社の選び方まで、分かりやすく丁寧にお話します。お気軽にお越しください!

【新店舗OPEN!!】川越市石原町1-18-7(菓子屋横丁そば)

※店舗前に平面駐車場(無料)を完備しております。よりご利用いただきやすくなります!

問い合わせはコチラ⇒049-265-7422

※電話番号は変わりません

★各セミナーご予約はコチラから★

☆個別相談ご予約はコチラから☆