【家づくりの基礎知識】土地探しのポイント

家づくを始めよう!まずは土地探し?となる方は多いです。今日は土地探しに向けたポイントを二つお伝え致しますよ。

Q.土地探し、何から始めればいい?

A.まずは【住みたいエリア】【条件と希望】の優先順位を明確にしましょう。

夫婦で相談しながら求める条件を箇条書きに書き出し、整理しましょう。

こんな感じで…

また、土地はやみくもに見すぎると予算と条件が挙がるばかりで余計に決められなくなります。土地情報の段階で「これ!」と思う候補を絞り込んでから見に行くようにしましょう。そのためには、希望する条件や優先順位を明確にする事が必要不可欠です。

100%満足できる土地は中々出会えない上に、あっても高くてハンコが押せません。【7割希望を満たせば買い】の精神で見に行きましょう。

Q.住宅会社と土地、どっちを優先すべき?

A.住宅会社選びと土地探しは、必ず同時進行で!

「まずは土地探し」は大きな落とし穴。大きな理由は住宅ローン。住宅ローンは住宅を建てる事に対しての融資なので土地だけでは組めません。

また、借入可能かどうかの事前審査の際、金融機関へ建物のプランや見積もりを見せる必要があります。事前審査が通れば土地の売買契約。その後、住宅ローンの本審査、申し込みとなりますが、その際は住宅会社との工事請負契約書が必要です。

土地購入の時点で住宅会社を決めておかないと、「急いで会社を決めないと!」と焦る事になります。

土地が見つかった後、土地購入は目まぐるしいスピードで進みます。土地のペースに家づくりが引っ張られない様に、必ず同時並行で行いましょう。

また、同時並行にはメリットもついてきます。

同時並行のメリット①:「未公開物件の情報収集」

新しい土地情報や一般に公開されない未公開物件が、不動産屋や売主から直接住宅会社へ来るケースは多い。候補の住宅会社に目星をつけ、土地探しの声を掛けておきましょう。自分達だけで探すよりもより多くの情報を検討できますよ。

同時並行のメリット➁:「建築家目線のアドバイス」

事前に候補会社を決めておくと、土地購入の前に建築面でのアドバイスをもらうことがで来ます。建蔽容積率は?採光計画、通風計画は?プライバシーを守る間取りを組めるのか?建築のプロの意見を取り入れ、「実際に建てるとなると、どんな家が建てられるのか?」を把握しておくと、購入の大きな参考になりますよ。

同時並行のメリット➂:「予算の膨張を防ぐ」

土地を先に探してしまうと、土地に予算を掛け過ぎて建築予算が確保できず、総予算がオーバーしてしまう事が多いです。土地探しだけを進めるのではなく、同時に住宅会社を検討し「自分たちが建てたい家はどれくらいか?」を認識。土地予算を明確にして予算内で安全に家づくりを進めて行きましょう!

家づくりは、おうちを買うお買い物!土地だけで進めずに、まずは住宅の知識も付けていきましょう。

家づくり学校は毎日開校中!ご来校お待ちしております♪

家づくり学校 公式動画チャンネル 公開中

新築をお考えの方に向けた基本セミナーの模様と個別相談の様子、オンライン相談の様子をダイジェストでご紹介する動画も公開中!ご予約を迷われている方!必見です!!!

セミナーのご予約、受付中です!

家づくり学校川越校では3密を避けてアドバイザーがマンツーマンで対応する個別講座を開催しています。皆様のご来校を心よりお待ちしております♪

個別相談のご希望の日時を個別相談予約フォームからお申込ください。

また、平日もご希望の日時を個別相談予約フォームからお申込ください。

お問い合わせはHPより随時受け付けています。

お電話でのお問い合わせはコチラ⇒049-265-7422