【アドバイザー日誌】実際に行動して分かる事

先日、親知らずを抜きに行きました。今年の春に左側は上下抜いて以来長らくご無沙汰でした。と言うのも、少し怖気づいていたんです。

歯医者さんに「右側の上の親知らずはまっすぐ生えているけけど、下の親知らずは血管に限りなく近い上にひどく湾曲している。上手く抜けるかどうか正直分からない。」と、なんだかおそろしい事を教えてもらって以来、『えっと…それじゃ…またいつか来ます…』と及び腰のまま6ヶ月。ついに重い腰を上げました。

やっぱり、行動する事から全て始まります。『いつもお客さんに「見学訪問に行くと家が分かりますよ!」と自分が言ってるじゃないか!歯医者に行って、様子を見てもらって、歯を抜いてもらおう!』という事で、まずは上の親知らずから抜いてもらうべく即行動しました。(朝9時に当日予約TEL)

行ってきました

多分楽々抜けるんじゃないかな?と嬉しい言葉をかけてもらう。やっぱり、上の親知らずは素直に生えているのでした。

すぐに麻酔を打ってもらい臨戦態勢へ。『なんだ、6ヶ月も寝かさずにすぐに行けばよかった…』と思いながら口を開けて待つこと、

およそ7分

その間、歯医者さんはあれこれつぶやきながら色んな道具で親知らずを揺さぶります。ただならぬ事が起きている事は、私にも分かりました。楽々抜けていません。

最終的に物騒なペンチで抜歯完了しました。

事なきを得て良かったです。麻酔で痛くないはずなのに、じんわり汗が…。

なぜ楽々抜けなかったのか

歯医者さん曰く「レントゲンで見えていなかった部分が、思った以上に曲がっていた」事が原因だったそうです。フックのように歯肉に食い込むので、にっちもさっちも行かなかったとの事。ゾッとするとともに、折れずに抜いてもらえて本当によかったです。やはり、プロの腕は素晴らしいですね。

歯医者に行く行動を起こして、プロに見てもらって「歯が湾曲していて、上手く抜けない」問題の発見と、「それでもペンチを使って何とか抜いてもらう」解決をしてもらう事ができました。歯医者さんへ感謝すると共に、行動した自分をほめてあげて一日が終わりました。

行動する事によって、事実が見えていきます

世の中の万事、「行動」から全てが始まります。我々アドバイザーも、「家づくりをはじめるには、まずは見学訪問に行きましょう!」とお伝えさせて頂いています。

「その会社がどんな家づくりを行っているのか?」だけでなく、「自分たちが希望の家を建てるためにはどうすればよいのか?」「どんな手段を取ればよいのか?」と、建築のプロの目線から、客観的なアドバイスをもらう事ができます。

そして、もし問題が発覚した場合も(例えば、所有地内の新築が法律的に難しいかもしれない等)、プロから直接意見を仰ぐことができます。現状の把握と、具体的な行動案。行動する事によって、抽象的だった家づくりが少しずつ形になっていきますよ。

家づくりを無駄なくスマートに進めるべく、まずは思い切って行動してみましょう!家づくりは分かると楽しくなります。大変そうに見えていた家づくりも、案外面白く進んでいくかもしれませんよ。

どう行動すればよいか?の疑問は、ぜひ私たち家づくりアドバイザーへお寄せ下さい!いつでもお待ちしております。

家づくり学校公式動画チャンネル公開中

新築をお考えの方に向けた基本セミナーの模様と個別相談の様子、オンライン相談の様子をダイジェストでご紹介する動画も公開中!

●個別相談の動画を下記バナーからご覧いただけます♪ご予約を迷われている方!必見です!!!

オンライン個別相談、受付中です!

川越校が遠くても、おうちのPC・スマホで相談できます!お気軽にご相談下さい^^

セミナーのご予約、受付中です!

家づくり学校川越校では3密を避けてセミナーを開催しています。皆様のご来校を心よりお待ちしております♪

セミナー・個別相談のご希望の日時を個別相談予約フォームからお申込ください。

また、平日もご希望の日時を個別相談予約フォームからお申込ください。

お問い合わせはHPより随時受け付けています。

お電話でのお問い合わせはコチラ⇒049-265-7422