床や窓枠…こうなっていませんか?【DIY】

【築26年 梅野家の話】

いつからか、自室の床にパラパラとごみが落ちているようになりました。花粉も終わった初夏、よく窓を開けていたので枯れ葉が入ったのかな?くらいに思って都度掃除していたのですが…

枯れ葉…今の季節そんなに?

こちらの写真をご覧ください↓

窓下に結構落ちていますよね。網戸をしてもこうやって溜まるんです。おかしい!と思ってまじまじ見てみると…

?!?!

犯人はこれだー!!!!!!!!!

印刷合板の表面のフィルムが
毎日の日差しと
たまに吹き込む雨と
26年の歳月で

ボロボロに干からびて、部屋に散乱するほど劣化していたんです!!涙

正直…きたない…床に落ちていたそれは、日焼けで剥がれた皮のようで見た目にも衛生的にも大変よろしくない。これは何とか修繕せねばと思ったのですが

どうやって直そう?

私が思いつく修繕方法は
①サンダー(電動やすり)と紙やすりで全部はがして、オイルか塗装をする
②無垢板を打ち付ける
③上からDIYフィルムを貼ってしまう
の3択でした。

木の風合いが好きな私は、たぶん①の方が仕上がりが好みで今後の劣化も気にしないでいい!というメリットがあったのですが『サンダーをかけたらけずり粉がそこら中に舞う。真横にはベッド!!』という問題が。もちろん養生すればいいのですが、その時間と手間をかんがえると…

②無垢板は理想的ですが、これだけ日が当たるところだと曲がってくる可能性大。それを考慮して材木を選択できるスキルがありません。

③フィルムを貼ってしまおう!!

ということになりました。もうこの汚い部分を剥がすのはやめて上から貼ってしまいます!そうしたら…

あらっ意外といい感じ

ただ、私の好みの無垢風のフィルムはなくちょっとアメリカン?な感じになりました。幸いあまり目がいかないところだからか気になりません。
ちなみに、ホームセンターでは床のフローリングや壁のクロスなどの売り場に小さなサイズのが1000円前後で売られていましたよ♪

貼ってみて注意点がひとつ。

【窓枠下にフィルムを折り込みましたが、めくれてきます】

上の写真ではわからないですが、上部・横部はいいんです。フィルムを下部に折り込んだら、そこがどうしてもぺろんと剥がれてきます。苦し紛れに短い木ネジを幅15㎝毎に打ち込みましたが、打ち込んでないところは全部剥がれてくる!(涙)なので、きれいに仕上げたい場合は強力な両面テープや接着剤を使用することをおすすめします。(私もやりなおそうかと思っています…)

もちろん、永遠ではありません

この修繕方法ではまた劣化する可能性の高い普通のDIYフィルムを使用していますし、耐紫外線の素材でもないので26年よりもっと早く剥がれてくる可能性があります。5年もてばいいかなと思いながら、低コスト手間楽優先で修繕してみました。

これから家づくりをされる方は、こんな劣化があるのも知った上で選んでくださいね!!

まだまだ出てくる我が家の問題…

最後にもうひとつ。さすがにDIYで直せる気はしないのですが、窓横の壁のクロスも剥がれてきていまして、そこを見たら・・・・・・・・・・・・・・・(T△T)

結露を繰り返してますね、これ。壁の中はカビだらけの可能性が高いです(涙)こうならないよう、家づくりのことを学んでから住宅会社選びに進みましょう!セミナーや個別相談で、そうなる原因とならないための選び方、しっかりお伝えしてますよ!

個別講座 受付中!

家づくり学校川越校では3密を避けて個別講座を受け付けております。

セミナー・個別相談のご希望の日時を個別相談予約フォームからお申込ください。

また、平日もご希望の日時を個別相談予約フォームからお申込ください。

お問い合わせはHPより随時受け付けています。

お電話でのお問い合わせはコチラ⇒049-265-7422