無垢材、複合材どちらが良いの?

家づくりのお悩みの一つに挙げられるのが「素材」のことです。

今回は「無垢材」と「複合材」の特徴を簡単にまとめてみました。

無垢材

◎メリット

・調湿機能がある

・本来の素材の風合いを楽しむことができ、足触りなども良い

・経年変化が楽しめる

△デメリット

・複合材に比べると、費用が掛かる

・少しお手入れが大変

・季節によって伸び縮みし、反りや収縮による隙間が発生する

以上のような特徴があります。自然素材は複合材に比べると、お値段が上がるケースが多いです。お手入れも大変ですが、お手入れするごとに経年変化を楽しむことができます。お掃除が嫌いだった奥様も「毎日のお手入れが楽しみになった」ということもあるそうです。

複合材

◎メリット

・安価なものから機能性に優れた高価なものまで、幅広い価格から選択することができる

・表面が加工されているので、お手入れが簡単なものが多い

・施工性に優れ、デザインも豊富

△デメリット

・調湿効果はない

・無垢材に比べると足触りは良くない

・傷がつくと貼り直しになる

以上のような特徴があります。やはり無垢材に比べると安価なのか魅力。デザインも様々なものから選ぶことができますね。

それぞれメリット、デメリットがあります。家づくりに正解はないですが、ご家族のライフスタイルや性格、ご予算に合わせて選択することが後悔のない家づくりのポイントです。

家づくり学校では様々なセミナーや個別相談も随時承っております。家づくりの勉強をされたい方はぜひお越しください!

セミナー日程はこちら

アドバイザーとマンツーマンで話せる個別相談はこちら

公式動画チャンネルでは家づくり学校のセミナーや個別相談の様子をダイジェスト動画でご紹介しています↓