冬暖かい省エネ住宅を体感してきました

午後からはバスに乗ってOB宅へ

家づくり学校では毎月、無料体感バスツアーを開催しています。どれだけ、大きな吹き抜けがあってもエアコン一台で冬暖かいお家があるんですよと言葉や文字でお伝えしても、こればっかりは伝わりません。本日は「凍える冬を快適に。高気密・高断熱で暖かく暮らそう!」セミナー無料体感バスツアーを開催させていただきました。

セミナー時の様子

セミナー時の様子

冬暖かいお家にするにはファンヒーターや電気ストーブ、床暖房、ホットカーペット等々、暖房機器を使えば冬暖かいお家にはなります、どれだけ高性能な省エネ家電を使った省エネ住宅だったとしても極論を言えば何も使わず無暖房でも冬暖かい家が一番の省エネ住宅ではないでしょうか。セミナーではひとつとしては使う窓の選択も大事と樹脂サッシとアルミサッシでドライアイスで冷やしてみて温度がどうなっているのか?

アルミサッシの温度は-16℃

ドライアイスで冷やしていくとアルミサッシの温度は-16℃

樹脂サッシの温度は21℃

同じように樹脂サッシの温度は21℃

 

瞬間冷却で冷やしたときの実際の窓の温度は?

ガラスを瞬間冷却で冷やしたときの実際の窓の温度は?

左側の真空ペアガラスは22.7℃、右側のシングルガラスは11.3℃。冬は外の冷気は家の中に入れたくないはずですよね、どっちが良いのか?一目瞭然ですよね。とは言え一長一短がありますのでメリットデメリットを知った上で選んでいただくことが大切です。

午後からはバスに乗ってOB宅へ

午後からはバスに乗ってOB宅へ

大きな吹き抜けのあるお家

大きな吹き抜けのあるお家

こちらのお家は60坪近くのかなり大きめのお家ですが暖房機器として稼働しているのはエアコン2台のみ。

実際に体感していただきながら説明

実際に見て体感していただくことでご自身で見る目と知識と判断できる基準が出来てきます。

15人ほどでお邪魔させていただき、滞在時間は1時間ほどでしたが施主様からも家づくりの体験談や実生活についてのお話をしていただき、生の声ですので非常に参考になります。開催にご協力いただきましてありがとうございます。

室内の温度は

室内の温度がお邪魔した時は23.1℃だったのが出る頃には24.1℃になっていました。

外に出ると「寒い」そして毎回「自分の家は寒いから帰りたくないな・・・」と思ってしまいます。折角なので色々な家づくりを知った上でご自身で判断していってくださいね。

次回は1/20(日)「ZEHの「いろは」教えます!進化する備後エリアの住宅性能解説」セミナー無料体感バスツアー。ご予約はこちらよりどうぞ→【1/20セミナー詳細】

私たち「家づくり学校」は住宅会社ではありません、ですから家は建てられません!でも情報はたくさん持っています。人生で一番高い買い物と言われている家づくりのこと、情報をお届けする立場として、しっかりとお伝えさせていただき満足のいく家づくりのお手伝いをさせていただきます。

家づくり学校 福山校について詳しくはこちらから

セミナー情報はこちらから

個別相談のご予約はこちらから

お問い合わせはコチラからどうぞ⇒084-961-3577

リフォームやお金のこと、建物体感バスツアー等々、家づくりに必要な知識を身に付けられる無料セミナーを毎週開催しています。お悩みや不安を解決させていただきます。いずれも無料です。家づくりの最初の第一歩として家づくり学校を上手に使ってくださいね。アドバイザーの宮原でした。