◎お客様からの質問◎ 2階リビングってどうなんですか??

「希望のエリアに土地がなかなか見つからず、やっと見つけたのですが隣の家がこちらの敷地に近くて気になっている。リビングを2階につくるのってどうなんですか?」とご質問を頂きました。

都心や狭小地、後は住宅密集地で新築を検討される時によく採用される間取りですよね!

2階にリビングを採用するメリット

①日当たりの良さ

2階リビングは1階に比べより明るいリビングを作る事ができます。ですので住宅密集地や敷地にの場合は2階にリビングを作る事がよくあります。さらに少し広めのバルコニーを作る事によって開放感があり明るい空間になりますね。

②プライバシーの確保

リビングが1階にあり、道路に面していると外からの視線が気になりますよね?せっかく広々とした空間を作っても人目が気になり窓を開けられない事もあります。2階リビングだと外からの視線が気にならないのでカーテンを付けられない方もいらっしゃいます。ただこの場合は住宅性能をしっかりとしておかないと暑かったり寒かったりしますよね。

③耐震性

2階にリビングを作る事により構造的にメリットがあります。2階リビングにした場合1階を個室にするプランが多いですが、1階リビングよりも柱や壁が増える事により耐震性が少し上がります。

2階にリビングを採用するメリットのお話をしましたが当然デメリットもあります。

①階段の上り下り

1階リビングに比べて階段の上り下りが多くなります。買い物をした重たい荷物を持って頻繁に上り下りは大変ですよね。若い時はまだいいにしろ歳を取っていくとかなりの負担になると思います。対策としては1階に大き目の収納を作っておくと良いかもしれません。

②家族の帰宅がわかりにくい

2階のリビングにいると帰宅後そのまま部屋に直行されたら顔を合わせる事ができませんよね。子供さんがまだ小さい時にはそのままリビングへという事になるかもしれませんが、ある程度大きくなるとコミュニケーションを取る事が難しくなるので子供さんもお顔を必ずみたいという方にはデメリットになるかもしれません。

③夏場は暑くなるかも

1階リビングに比べて2階リビングは屋根に近くなるので屋根断熱にするのがおすすめかもしれません。暖かい空気は上昇するので冬場はよいかもしれませんが、夏場は暑くなってしまいます。断熱性や気密性をしっかりと施工してもらいましょう。

2階にリビングを採用しても、1階にリビングを採用しても暮らし方によってはどちらもメリット、デメリットがあるかと思います。どんな風に暮らしていきたいかを家族でしっかりと相談して決めていきましょう。その辺りもしっかりと相談できる住宅会社を選ぶのがポイントになってきますよ!

◆福山校のセミナー一覧はコチラ

◆個別相談ついて詳しくはこちらから

◆電話でのお問い合わせはコチラ⇒084-961-3577