家づくりのポイント【耐震等級編】

大地震が来た際、その備えはできていますか?日本は地震大国と呼ばれるほど地震の多い国です。将来、南海トラフ地震も想定されていますよね。私は正直想像するだけで恐ろしく、目を背けたくもなってしまうのですが、しっかりと現実に向き合ってその備えをすることが大切ですね。

お家についても、地震が起きた際の備えはできます。「耐震等級」という言葉、聞いたことがあると思います。これは、簡単に言うとそのお家が地震に強いかどうかを表しています。耐震等級はお家を考える上でのポイントの1つでもあります。ではいったいどういうものなのか、少し見ていきましょう!

耐震等級の基準とは!?

耐震等級は1~3の3つの基準に分けられています。

〈耐震等級1〉

耐震等級1相当の家というのは、震度6以上の大地震が来た際、1度目の揺れでは耐えることができますが、2度目の揺れで潰れてしまう、住めなくなってしまう可能性の高い家と言われています。また、耐震等級1は建築基準法で定められている最低限の耐震性能ですので、これを満たさない家は建てることができません。

〈耐震等級2〉

耐震等級2というと、耐震等級1の1.25倍の強度があると言われています。また、地震などの災害時に避難所として指定されている公共施設は、耐震等級2以上の強度を持つことが必須とされています。

〈耐震等級3〉

耐震等級3の家は、強度が耐震等級1の家の1.5倍ほどであると言われています。耐震等級3は警察署や消防局などでも多く適用されており、避難所レベルの強さでもあります。

万一の時のために、備えましょう!

上述しましたが、耐震等級は家づくりのポイントの1つでもあります。どのような家に住みたいのか、耐震等級という点でもぜひ考えてみてください!

お家の中の備えも大切です…!

家の中でも、備えておくべきポイントはたくさんありますよね。地震対策グッズも色々なものがあります。お金はかかりますが、いざという時のために備えておくことも大切です。

是非、地震のことや耐震等級のこと、よくよく検討してみてください!!

◆福山校のセミナー一覧はコチラ

◆個別相談ついて詳しくはこちらから

☟オンライン個別相談のご予約はこちらをクリック!☟