失敗談から学ぶ!住宅会社選び&お金で成功するコツ|家づくり学校

家づくり学校メインバナー

失敗談から学ぶ!住宅会社選び&お金で成功するコツ

失敗談から学ぶ!住宅会社選び&お金で成功するコツ|イメージ

誰もが家づくりで失敗したくない!と思っているはず。でも、建ててから「こうしておけば…」と思うことも実は多いんです。

そうならないためにも、家づくりの先輩たちの失敗談&成功談から、どこに気をつけるべきかを学びましょう。今回は、会社選びとお金に関する経験談にフォーカスします!

  1. 会社選びの失敗談
  2. 会社選びの成功談
  3. お金・予算の失敗談
  4. お金・予算の成功談

会社選びの失敗談

まずは、住宅会社選びの失敗。

先輩たちの失敗談を教訓に、後悔しない家づくりをしましょう。

会社が倒産

失敗談:

深く考えずに住宅会社と契約。
引渡し後に会社に行ってみると、事務所がなくなっていました…。(Yさん)

アドバイス:

「まさか会社がなくなるとは…」と思われる方も多いでしょうが、検討段階で住宅会社の財務内容はしっかりチェックしておきましょう。大きな買い物だからこそ、念には念を、です!

要望を言いにくい

失敗談:

親族に紹介してもらった工務店。確かにいい会社なんだけど、親族の紹介ということもあり、言いたいことがなかなか言えなかった。(Hさん)

アドバイス:

遠慮なく要望を伝えられる住宅会社を選びましょう。親族や知人からの紹介がきっかけだと、「安心」という声もあるでしょう。ただ、Hさんのように、要望が言いにくくなってしまうという面もあることを認識しておく必要があります。

注文住宅の場合、人それぞれこだわりや考え方が違うものです。多くの人にとって一生に一度の買い物だからこそ、気になることや言いたいことを何でも遠慮なく伝えられる住宅会社を選ぶことがキーポイントです。

リサーチ不足で後悔

失敗談:

どこで建てても同じだろうと、知名度やモデルハウスの雰囲気だけで早々と会社を決めた。後で調べると、より自分たちのイメージや要望、予算にあう会社がいっぱい見つかった。もっと吟味すればよかった。(Hさん)

アドバイス:

しっかりと情報収集し、家づくりの知識を身に付けてからでないと、自分たちの予算や要望も漠然としたまま検討することになってしまいます。まずは情報収集し、自分たちの要望や予算にあった会社をじっくり見つけましょう。

「住宅会社っていまいち違いがよく分からないし、どこも大体同じようなものじゃないの?」と考えている方もいらっしゃると思いますが、住宅会社によって価格はもちろん、家づくりの進め方や得意とするテイストも全く違います。

そうはいっても何を比較すればいいのか、どんなポイントに注意すればいいのかわからない。そんな方はぜひ、相談カウンターなどで相談してみましょう。もちろん、家づくり学校へのお問い合わせも大歓迎です。信頼できる住宅会社の中から、あなたのご要望に沿う会社を、中立の立場からご提案させていただきます。

アフターメンテナンスはすべて無償だと思っていた

失敗談:

アフターメンテナンスはすべて無償だと思っていたけれど、会社によって内容が違うことを後から知った。(Aさん)

アドバイス:

住宅会社によって、有償・無償の範囲や保証期間・内容などは異なります。必ず事前に確かめておきましょう。

会社選びの成功談

では、家づくりの先輩たちが「よかった!」と思ったことは、どんなことなのでしょうか。

成功談①:

土地探しからアフターフォローまで対応してくれる地元工務店と契約。担当者は対応もきめ細やかで、急な変更などにも柔軟に対応してくれ、材料なども独自のルートで良いものを仕入れてくれた。小物や照明なども、私たちの好きなものを探して提案してくれて。完成した家はもちろん大満足。信頼でき、これからも長いお付き合いができそう。(Mさん)

成功談②:

手がけた家をたくさん見学し、気になったことを質問しながら住宅会社のスタッフとしっかり話をして、その対応も含めて「ここなら信頼できる」と思えた住宅会社と契約。計画が始まってからも住宅会社まかせにせず、何事も相談しながら納得して決めていけた。家づくりを楽しみながら希望以上の家をつくることができた。(Tさん)

コメント:

きちんと情報収集をして自分たちにぴったりの住宅会社を選ぶこと。そして住宅会社と信頼関係を築き、要望や疑問をきちんと伝え、納得した上で進めることが重要だとわかります。

「よく分からないから」という理由や「早く決めないと」という焦りから、適当に会社を選んでしまうことは避けたいものです。

お金・予算の失敗談

地盤が弱くて、地盤改良費がかかった

失敗談:

格安な土地を見つけて、即決で購入。いざ住宅会社に頼んで地盤調査をしてみると「軟弱な地盤」と判明。地盤改良費が100万円以上かかり、結局高くついた。他にも土地代以外にいろんな費用がかかることが購入後に判明。想定外の費用だったので、資金計画の見直しも必要になってしまった。(Eさん)

アドバイス:

目先の安さに飛びつくのは危険です。他にかかる費用はないのか?本当にこの土地で自分たちの思う家が建てられるのか?日当たりや風通しはどうか?隣地との境界線は?などなど、土地購入の前にチェックすべきことがたくさんあります。

素人目にはわからない項目も多いので、購入前に必ず住宅会社に土地を見てもらい、かかる費用のことも確認しておきましょう。せっかく購入しても「こんなことなら別の土地にしておけばよかった…」と後悔することになりかねません。

土地を買う前には、しっかりとプロのアドバイスを受けましょう。

住宅ローンの組み方が甘かった

失敗談:

ボーナス払いを含めたローン計画で夢のマイホーム! と思っていたら、夫の会社が業績悪化でボーナスカット。おかげで生活は火の車。(Oさん)

アドバイス:

住宅ローンの組み方のコツは、金融機関から「借りられる金額」ではなく、自分たちが毎月きちんと「返していける金額」を考えること。ボーナスは不確定要素の多い収入なので、ボーナス返済頼みの計画は危険です。

現在の家計収支をふまえ、お子さんの進学や自分たちの老後準備など、これからの将来設計をきちんと立てた上で毎月無理なく返済できる借入金額や返済期間を決めていきましょう。

住宅ローンについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

知識不足で、ムダなお金を使っていた

失敗談:

家を建てて3年。いろいろな知識が増えるにつれ、ムダな所にお金を使っていたことが今さら分かってきた…。(Hさん)

アドバイス:

家づくりに関する後悔のほとんどは、「知らなかったこと」が原因です。

実際に、家づくり学校のセミナーを受講された方の多くは、セミナーを受講する前と後で考え方が変わったと言われます。特に、最初は外観などのデザインや間取りにこだわっている方が多い傾向にありますが、実はそれよりも重要なのが、住み心地。もっと言えば、暮らしやすさを決める生活動線や、光熱費、メンテナンス費など、ランニングコストに関わる部分なんです。

後悔しないためにも知識を身につけたい、という方は、セミナーに参加するとよいでしょう。家づくり学校でも、住宅に関する様々な知識をセミナーでご紹介しています。ぜひお気軽に無料セミナーにお越しくださいね。

お金・予算の成功談

では、お金・予算に関して、先輩たちが「こうしてよかった!」と思ったことは何なのでしょうか?

成功談①:

料理が大好きなので、キッチンはとにかく自分が使いやすいようにこだわりぬいた。多少予算オーバーしたけど、毎日使う場所だから妥協せずこだわって良かったと思っている。キッチンにお金がかかった分、その他の優先順位の低い要望を削ったり、使う材料を変更するなどして予算調整もできたので、総額はオーバーせずにすんだ。自分がこだわりたいところ、そうでもないところと、要望に優先順位をつけてメリハリを付けられたのがよかったかな。(Mさん)

成功談②:

住宅ローンはとにかく余裕を持った返済計画にした。おかげで家を建ててからも、家族旅行に行ったり、美味しいものを食べに出かけたりと余暇も楽しめている。目一杯借りて、毎月返済に追われている友人もいるが、住宅ローンは何十年も続くものだから、自分たちが無理せず返せる金額を考える事が大事だと改めて思った。(Uさん)

コメント:

成功談を見ると、「その後の生活」にまで影響を与えていることがわかりますね。

家づくりは多くの方が初めての経験。とはいえ、よくわからないまま何となくで進めてしまうと、あとになって後悔することになりかねません。今後、自分たちがずっと暮らしていく家だからこそ、まずは情報収集をしっかりして、納得のいく家づくりをしませんか?

家づくり学校では、納得のいく家づくりができるよう、個別相談セミナーを無料で実施しています。「何から始めればいいのかわからない」という方も、これからやるべきことを明確にするために、ぜひお気軽に無料相談やセミナーにお越しください。お待ちしております!

お問い合わせ・ご予約はこちら

  • 駐車場無料
  • キッズコーナー完備
  • 授乳室完備
  • おむつ交換台完備

お問い合わせ・個別相談会(無料)

Go to Top